ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

明日から営業再開 & 今月のkiredo kitchen 

 

 

こんばんは。

 

 

連日の猛暑続きで、一歩も外に出たくない気分ですが、

何かとバタバタしております。(汗)

 

 

 

数日前の夕陽。

ここのところ、毎夕、赤く染まる空を見ています。

 

 

 

 

 

 

最近、休みの日はブログをサボりがち・・・。(汗)

 

 

 

明日から4日間、今月の最終営業日です。

 

 

今月の企画・『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展も

残すところあと4日となりました。

早いです。

 

 

 

先日の月イチランチ『kiredo kitchen』のご報告、遅ればせながら・・・。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。
栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今月はナス祭りです。

生食用の泉州水ナス。

火を通すとトロトロになるブラックビューティー。

炒めるととてもジューシーになるヒモナス。

ぜひみなさんに知っていただきたいですね。

それぞれの特徴をうまく活かす調理法で美味しく仕立てます。

ナスはさまざまな種類があり、それぞれに合った調理法があります。

サラダやポタージュもとても美味しいです。

ハーブも、スペアミントやフェンネルなど、今が香り高いピークです。

その合わせ方もお伝えしました。

 

 

本日のメイン野菜のラインナップ

 

 

 

 

泉州水ナス

 

ブラックビューティ

 

グリーンビューティ

 

ヒモナス

 

サンマルツァーノ

 

ズッキーニ

 

 

今月のメニュー

 

・アミューズ:

  泉州水ナスとズッキーニのサラダ

 

 

 

 

・スープ:

ブラックビューティの冷製ポタージュ

 

 

 

 

・パスタ:

ヒモナスとサンマルツァーノとスペアミントのパスタ

 

 

 

 

 

毎度のことながら、

クリタマジックのかかった野菜と料理は美味しい。

 

 

 

ごちそうさまでした。

来月はお休みですので、9月をお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

ここ最近、観た映画やミュージカル。

心が洗われ、癒されました。

 

 

フジコ・ヘミングの時間

 

 

 

エビータ

 

 

 

PEACE NIPPON

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 22:33 |

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 会期後半 & MANANI-collection & 本日『kiredo kitchen』

 

 

 

こんにちは。

 

 

海の日。

お暑うございます・・・。(汗)

 

 

 

緑を見て一瞬癒される。

・・・が、やはり暑い・・・・・。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、会期後半。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、7日(土)、23日(月)

 

 

 

今日は、MANANIの服を着た友人たちの画像をお届けします。

着る人の背丈や体型などに関わらず、

着る人によって同じ服のイメージが変わり、どれもステキですね。

なお、プリントの絵柄は、生地限定のため、欠品したり、追加で新しいものが入ったり、

その時によって異なります。

 

ハンガーに吊っていると派手に見えても、

いざ着てみると「おっ♪」と意外と新しい自分の魅力を発見!

ぜひいろんなプリントを試着してみてくださいね。

 

MANANIのみずきさん

 

陶芸家の高橋朋子さん

 

おばんざいランチのサヨコさん

 

みなさまご存知、ヨーコさん

 

テンスタッフの可愛いH

 

 

 

 

 

 

 

わたくし、ボンビーなのに、また買っちゃいました。(汗)

今朝、クリタさんが「かわいいですね」と言ったので

私のことかと思いましたが、

残念ながらスカートのことでした。(苦笑)

 

 

このお方、アフリカンプリントのスカートを履くなり、

アフリカンダンスを突然踊り出されました♪♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今日は、月イチランチ『kiredo kitchen』 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。
栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今月はナス祭りです。

生食用の泉州水ナス。

火を通すとトロトロになるブラックビューティー。

炒めるととてもジューシーになるヒモナス。

ぜひみなさんに知っていただきたいですね。

それぞれの特徴をうまく活かす調理法で美味しく仕立てます。

ナスはさまざまな種類があり、それぞれに合った調理法があります。

サラダやポタージュもとても美味しいです。

ハーブも、スペアミントやフェンネルなど、今が香り高いピークです。

その合わせ方もお伝えしたいです。

 

 

本日のメイン野菜のラインナップ

 

「ちびまる子ちゃん」に出てくる花輪くんをイメージしました♪

 

 

泉州水ナス

 

ブラックビューティ

 

グリーンビューティ

 

ヒモナス

 

サンマルツァーノ

 

ズッキーニ

 

 

本日のメニュー

 

・アミューズ:

  泉州水ナスとズッキーニのサラダ

・スープ:

  ブラックビューティの冷製ポタージュ

・パスタ:

  ヒモナスとサンマルツァーノとスペアミントのパスタ

 

 

ただいま、クリタさん、真剣な顔して仕込み中。

12時〜、13時半〜の時間帯で、それぞれ10〜15名ほどのご予約を承っております。

今日は、前半の時間帯でお席がまだご用意できます。

ランチご希望の方は、今すぐお電話くださいね。

tel:0475-78-3068

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から19日(木)は定休日です。

 

 

次の営業は20日(金)。

この日は月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』。

 

  9:00〜10:20(中級クラス)
10:30〜11:50(初級クラス)

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

参加希望の方はメールにてご連絡ください。

 

 

 

 

 

高校野球の千葉大会が開幕しており、毎日ソワソワしています。

夫はただいま6連休を取り、いそいそと球場に出かけ、

その後も、応援校の試合日に合わせて会社の休みを取っている始末。

私もうまく時間が取れたら猛烈に暑い球場に挑んでくる予定です。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

3連休最終日、

楽しくお過ごしくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 10:51 |

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 会期後半 & 田辺京子さんの碗 & 昨日の『おばんざいランチ』 & 明日『kiredo kitchen』

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

やはり・・・

今日も暑い・・・・・・・・・・・。(汗)

秋はまだか〜・・・・・・・・・・・・・・・・・。(汗)

 

 

 

庭のムラサキシキブの花が終わって緑の実が成りました。

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、会期後半。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、7日(土)、23日(月)

 

 

 

今日は、昨日届いた新作ホヤホヤの田辺京子さんの碗をご紹介します。

湯呑茶碗のような小鉢のような

一見よくある九谷焼の碗。

でもよーく見てください。

細かく描きこまれた絵柄もさることながら、高台部分がガリガリ彫られていて、

これまたチョーユニークな何かがいる♪

ぷぷっ・・と思わず笑みがこぼれて、ホッコリします。

5400yen

 

 

 

 

 

 

サイズは掌に収まる感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

カッパ~♡

 

 

 

 

 

さてさて、昨日の月イチ『おばんざいランチ』のご報告です。

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の献立

 

 

『トマトと丸麦の梅サラダ』

 

 

 

京子さんの新作の小鉢のウラ♪

本物の鯉は苦手だが、京子鯉は愛おしい♡

 

 

『トウモロコシの冷製スープ』

 

 

 

『わかめのところてん』

 

 

 

 

 

『豚とナスとピーマンのみそ炒め』

『空心菜のウォーターソテー』

 

 

 

『トウモロコシとひじきの玄米ごはん』

 

 

 

 

京子さんの新作の飯碗。シュール〜♡

中医のツボか・・・。

 

 

『さばの冷や汁』

 

 

 

『即席しば漬け』

 

 

 

京子さんの箸置き♡

 

 

は〜、美味しかった〜♡

美味しいものは人を幸せにする。

コレ、断言できます!

 

 

 

来月は夏休みをいただきますので、

次のおばんざいランチは9月15日(土)です。

カラダに染み入る美味しく滋養の高いお料理、

ぜひお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

そして明日の海の日は、月イチランチ『kiredo kitchen』 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。
栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今月はナス祭りです。

生食用の泉州水ナス。

火を通すとトロトロになるブラックビューティー。

炒めるととてもジューシーになるヒモナス。

ぜひみなさんに知っていただきたいですね。

それぞれの特徴をうまく活かす調理法で美味しく仕立てます。

ナスはさまざまな種類があり、それぞれに合った調理法があります。

サラダやポタージュもとても美味しいです。

ハーブも、スペアミントやフェンネルなど、今が香り高いピークです。

その合わせ方もお伝えしたいです。

 

 

 

 

12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

明日は、12時からの前半の時間帯にお席の余裕があります。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

 

 

ギャラテン店内を涼しくして、みなさまのご来店をお待ちしております。

ぜひおでかけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:44 |

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 会期後半 & MANANIのバッグ & 昨日の『薬膳料理教室の会』 & 本日『おばんざいランチ』 & 明後日『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

 

暑いですね。

暑いです。

暑い。

どう考えても暑い・・・・・・。(汗)

 

 

今朝、胡椒粒くらいの小さいテントウムシ(?)の赤ちゃん(?)を見つけました。

背中の星の数って、大人になったら増えるのでしょうかねぇ。

暑さに負けず、ゲンキに生きよう!

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、会期後半。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、7日(土)、23日(月)

 

 

 

今日はMANANIのバッグをご紹介します。

色鮮やかでダイナミックな絵柄のアフリカンプリント。

バッグは小さいながら、ピリっとアクセントになるアイテムです。

 

そもそも、今回展開しているアフリカンプリントは、

インドネシアのろうけつ染め・バティックが伝わってできたもの。

よりカラフルで線の太い鮮やかなプリントが、西アフリカを中心に生産されるようになりました。

オリエンタルなイメージの絵柄があるのもうなずけます。

よって、洋服だけではなく、和服にも合いそうな柄のものも少なくありません。

 

取っ手やサイズなども様々。

お気に入りの一点をお探しくださいね。

 

3780〜16200yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』の報告です。

 

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“血液に栄養を与えサラサラにする薬膳”。

夏も本番を迎え、心の機能も活発となり負担もかかります。

心は血と大きく関わり、気血を巡らせ、意識や精神の安定にも関わっています。

心の機能が低下すると、息切れ、不整脈、物忘れなどの症状が出たり、口や喉の渇き、

夏バテ、熱中症などにかかりやすくなります。

酸性に傾きやすい血液を弱酸性に保ち、栄養を与え、流れをよくして、

夏に負担がかかる心を補う料理をご紹介しました。

 

 

 

『スグリのジュース』

・スグリ:ビタミンCが豊富で、風邪予防、疲労回復、美肌効果が期待できる。

  血液をきれいにし、ポリフェノールが豊富で抗酸化作用がある。

 

 

 

『トマトの酢の物』

・トマト:身体の水分を補い、消化促進、疲労回復、夏バテ予防効果。

  リコピンが豊富で抗酸化作用がある。

・ミョウガ:胃の働きを活発にして、食欲を増進、発汗・呼吸・血液循環機能を促進。

  ホルモンのバランスを整え、生理不順、更年期障害に効果。

・紫蘇:気の巡りをよくする。体を温め、去痰、咳止め効果。

・梅:乳酸蓄積を抑え疲労回復、抗菌作用。

 

 

 

 

『焼き鰯の胡瓜ソース添え』

・鰯:気血を補い、血の巡りをよくする、動脈硬化、血栓の予防、疲れ目に有効。

  カルシウムの吸収を促すビタミンDの量も多いので、骨粗しょう症予防効果に期待。

・キュウリ:利尿効果が高く、むくみを取る。

  身体にこもった余分な熱を収め喉を潤す。

  近年ダイエット効果もあると言われている。

 

 

 

 

 

『冬瓜とスペアリブのスープ』

・冬瓜:体内の熱を取り除く。

  利尿作用があり、むくみを取る。

  高血圧、糖尿病、動脈硬化に有効。

・豚肉:身体を潤し、体力をつける。

  ビタミンB1が多く含まれ、炭水化物をエネルギーに変える。

・トウモロコシ:胃腸の調子を整え、気の流れをよくする。

  利尿作用があり、むくみ高脂血症に有効。

・棗:造血作用があり、黄色い顔色、不眠、息切れ、めまい、疲れを改善。

  免疫力を高める。腸を丈夫にする。

・白木耳:身体を潤し、肺を潤す。肌の乾燥、しわの予防に効果。

・椎茸:食物繊維が豊富。便秘、老化防止に有効。

  コレステロール低下、血圧降下、肥満抑制効果。

 

 

 

『ハト麦もち米と黒米陰陽デザート』

・ハト麦(ヨクイニン):作用が穏やかで、胃腸の働きを調える。

  病後の回復、疲れやすい時はお米と混ぜたお粥がおすすめ。

  むくみがちで胃弱な阿多にもおすすめ。

・黒米:虚弱体質を改善し、疲労回復、貧血を改善。

・ココナッツミルク:喉の渇きを潤し、皮膚の保湿効果。

  余分な塩分を排出し、むくみを取る。

  葉酸が含まれ、鉄分と合わせて貧血改善効果。

 

 

 

 

 

 

会にご参加のNさんのお庭で採れたソルダム。

瑞々しい美味しい果実をみなさんといただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、今日は、月イチ『おばんざいランチ』の日です。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

本日の献立

 

・トマトと丸麦の梅サラダ

・トウモロコシの冷製スープ

・わかめのところてん

・豚とナスとピーマンのみそ炒め

・空心菜のウォーターソテー

・トウモロコシとひじきの玄米ごはん

・さばの冷や汁

・即席しば漬け

 

 

ただいま、小夜子さん&洋子さん、心をこめて仕込み中。

そして本日のスタッフHと私の4人のB型カルテットでご提供いたします♪

 

 


15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

今日はまだ空席があります。

ランチご希望の方は今すぐお電話くださいね。

tel:0475-78-3068

 

 

 

 

 

そして明後日の海の日は、月イチランチ『kiredo kitchen』 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。
栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今月はナス祭りです。

生食用の泉州水ナス。

火を通すとトロトロになるブラックビューティー。

炒めるととてもジューシーになるヒモナス。

ぜひみなさんに知っていただきたいですね。

それぞれの特徴をうまく活かす調理法で美味しく仕立てます。

ナスはさまざまな種類があり、それぞれに合った調理法があります。

サラダやポタージュもとても美味しいです。

ハーブも、スペアミントやフェンネルなど、今が香り高いピークです。

その合わせ方もお伝えしたいです。

 

 

 

 

12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

 

 

店内涼しくしてみなさまのご来店をお待ちしております。

ぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

楽しい3連休をお過ごしくださいね。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:07 |

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 会期後半スタート! & 田辺京子さん・MANANIの作品追加納品! & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『おばんざいランチ』

 

 

こんにちは。

 

 

猛暑続き。

 

 

中国四国地方の豪雨の災害に合われた方々には、

心からお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、会期後半スタート。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、7日(土)、23日(月)

 

 

 

今日の午前中に、

京子さんとみずきさんから追加の作品が届きます。

梱包を解いたり、薬膳の会があり、

今日は作品のご紹介をパスさせていただきます。(汗)

 

たった今、MANANIのスカート、ワンピが入ってきました♪

京子さんのもそろそろ到着予定♫

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』のレッスン中です。

 

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“血液に栄養を与えサラサラにする薬膳”。

運動不足、水分不足、ストレスが原因で、生活習慣病、夏バテ、肌荒れなどの症状が表れます。

これらは血液の汚れが関わっています。

血液をキレイにして、それらの症状の予防、改善に効果のある料理をご紹介いたします。

 

今日の様子は明日のブログでお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

また、明日は、月イチ『おばんざいランチ』の日です。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。


1800円 15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

ランチご希望の方は

本日17時までは電話(0475-78-3068)で、

17時以降はメールにてご連絡ください。

 

 

 

 

 

暑い毎日ですが、

スタミナつけて頑張りましょう。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:14 |

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 8日め & 田辺京子さんの大皿 & cook lab”迷羊舎”・菅原裕喜さんの『マイルドグリーンカレー』今日まで! 

 

 

こんにちは。

 

 

 

暑いです・・・。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、8日め。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、7日(土)、23日(月)

 

 

 

今日は田辺京子さんの大皿をご紹介します。

大皿も大皿、尺皿です。

これだけ大きいのはインパクトも大。

しかも京子ワールドがこの広い面積に満載!

 

おばんざいでも盛って、

食べていくうちに皿の絵柄が出てきてウケる。

想像しただけでニヤケてきます。

私はコレでテッサが食べたい・・・♡

 

 

 

威風堂々のエジプトワールド。

ツタンカーメン様のようなお方が飛び出ています。

おまけに「五劫の摺切・・・」とのたまい・・・。

この感じが京子さんの感性の成せるワザなんだなぁ・・・♡

27000yen

 

 

 

 

じゅげむじゅげむごこうのすりきれ・・・・・

 

 

 

 

ケンタウロスやトラやライオンやイノシシなど、

この野獣感、私の大好きのツボに入っております。

この鉢、ほしい・・・。

32400yen

 

 

 

 

 

 

 

金沢市内の国道で、タンバリンをフリフリ躍る縦巻き髪のオンナ。

空には狛犬が飛来。

そして読めないが、???、ピスタチオ、フランボワーズ、・・・と濃い顔のオンナ。

裏側にはデカいカエル。

理解不能ながら、なぜか惹かれる・・・♡

24800yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月1日(日)〜8日(日)

月替わり期間限定カレーランチ 『マイルドグリーンカレー』

 

毎回、美味しいと大好評の

cook lab ”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さん、再登場。

 

裕喜さん自身、グリーンカレーが大好きだけれど

食べているうちに辛すぎてつらくなるのをどうにかしたくて作られたもの。

8種類の野菜とココナッツミルクの甘さと鶏肉の旨みで、

辛いながらも辛さが後に残らない食べやすいカレー。

暑くなってくると無性に食べたくなるグリーンカレーを再リクエストしました。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

久しぶりにユキさんのグリーンカレーを食べました。

コレコレ、美味しいこの味だー!

 

今回のカレーの提供は本日最終日!

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から12日(木)はお休みをいただきます。

先月末の梅雨明けからの暑さと連勤でバテ気味ですが、

この休み中に充電しようと思います。(汗)

 

次の営業は13日(金)~16日(月・祝)です。

この4日間では、3つのカルチャークラスとランチがあります。

参加ご希望の方は、メールにてご連絡くださいね。

 

 

◎7月13日(金) 9:30〜11:45 『薬膳料理教室の会』vol.42

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“血液に栄養を与えサラサラにする薬膳”。

運動不足、水分不足、ストレスが原因で、生活習慣病、夏バテ、肌荒れなどの症状が表れます。

これらは血液の汚れが関わっています。

血液をキレイにして、それらの症状の予防、改善に効果のある料理をご紹介いたします。


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
要予約

 

 

 

◎7月14日(土) 12:00〜14:00 『おばんざいランチ』 

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。


1800円 15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

 

 

 

◎7月16日(月・祝)kiredo kitchen 

 世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。
 栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。
 

 kiredoの畑の移転に伴い、4月と5月はお休みでしたが、

今回久しぶりのランチです。


12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

 

昨夜、千葉で大きな地震がありました。

ちょうどその時、私は出先から帰宅途中の車の中。

けたたましいスマホの警報音にビビり、ハザードランプを点灯して路肩で停止。

地震や洪水など自然災害が年々増えてきているのが恐ろしいです。

 

今朝、恐る恐る店に入ったら、

いくつか倒れているものあり。

今展の田辺京子さんのヤキモノも、常設のヤキモノなども無事でホッとしました。

 

 

 

私物で店内に飾っているお気に入りの芝原人形のおサルが床に落ちて割れていました。

ショック・・・。(涙)

このおサルが他の作品を守ってくれたのだと感謝します・・・。

 

 

 

 

 

 

本日も店内を涼しくしてみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:59 |

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 6日め & MANANIのワイドパンツ & 本日 牛尾みずきさん在廊! & cook lab”迷羊舎”・菅原裕喜さんの『マイルドグリーンカレー』 & 本日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

 

七夕ですね。

 

 

昨夜は気温18℃、今朝も涼しめで喜んでいましたが、

だんだん気温が上昇中↑↑↑(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、7日め。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、7日(土)、23日(月)

 

 

本日、MANANIのみずきさんが在廊されます。

またたくさん追加の作品がやってきます。

パリ暮らし20年、アフリカンプリントの魅力など、みずきさんとお話してみてください。

 

 

 

今日は、MANANIのパンツをご紹介します。

おおらかで鮮やかなアフリカンプリント、

ちょっと私にはハデなのでは〜?と躊躇される方でもパンツなら取り入れやすいのではないでしょうか。

生地をたっぷり使われているので、ラクチン。

他のアイテムも同様なのですが、

バーに吊られていると派手に見えるものも、実際に体を通してみると映りがよく似合うことがわかります。

特にこれから太陽の照り付ける夏にはとても鮮やかで気分が上がりますね。

ぜひいろいろご試着になってみてください。

10260yen

 

 

 

ウエストはドローストリングで楽々♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月1日(日)〜8日(日)

月替わり期間限定カレーランチ 『マイルドグリーンカレー』

 

毎回、美味しいと大好評の

cook lab ”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さん、再登場。

 

裕喜さん自身、グリーンカレーが大好きだけれど

食べているうちに辛すぎてつらくなるのをどうにかしたくて作られたもの。

8種類の野菜とココナッツミルクの甘さと鶏肉の旨みで、

辛いながらも辛さが後に残らない食べやすいカレー。

暑くなってくると無性に食べたくなるグリーンカレーを再リクエストしました。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

久しぶりにユキさんのグリーンカレーを食べました。

コレコレ、美味しいこの味だー!

 

今回のカレーの提供は明日まで!

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中です。

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

講師・西尾修一さんの書にまつわるお話も楽しいです。

 

次回は8月がお休みですので、9月4日(火)・8日(土)。

参加ご希望の方はご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:27 |

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 6日め & 田辺京子さんの陶人形 & cook lab”迷羊舎”・菅原裕喜さんの『マイルドグリーンカレー』 & 本日『楽々日本史の会』

 

 

こんにちは。

 

 

雨の一日になりそうです。

 

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、6日め。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、7日(土)、23日(月)

 

 

 

今日は、田辺京子さんの陶人形をご紹介します。

なんとも愛らしくホッコリする作品。

小さいながら京子さんのユニークセンスが光ります。

 

 

 

 

ニャンコ

3240yen

 

 

 

 

おウマさん

3240yen

 

 

 

 

マト子

2160yen

 

 

 

 

お目めキラキラ子

3240yen

 

 

 

 

 

 

 

7月1日(日)〜8日(日)

月替わり期間限定カレーランチ 『マイルドグリーンカレー』

 

毎回、美味しいと大好評の

cook lab ”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さん、再登場。

 

裕喜さん自身、グリーンカレーが大好きだけれど

食べているうちに辛すぎてつらくなるのをどうにかしたくて作られたもの。

8種類の野菜とココナッツミルクの甘さと鶏肉の旨みで、

辛いながらも辛さが後に残らない食べやすいカレー。

暑くなってくると無性に食べたくなるグリーンカレーを再リクエストしました。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

久しぶりにユキさんのグリーンカレーを食べました。

コレコレ、美味しいこの味だー!

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

ただいま、

月イチカルチャー『楽々日本史の会』。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”身分の再編成と部落解放令”

今も続く部落差別とは。

 

来月8月はお休みで、次回は9月7日(金)。

参加ご希望の方はご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

今日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 


ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:29 |

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 5日め & MANANIのスカート & cook lab”迷羊舎”・菅原裕喜さんの『マイルドグリーンカレー』 & 明日『楽々日本史の会』

 

 

こんにちは。

 

 

ムシムシしますね。(汗)

早く秋が来ないかなぁ・・・。

 

 

カシワバアジサイの花が、白→薄緑→薄ピンクに色が変わってきています。

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、5日め。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、7日(土)、23日(月)

 

 

 

今日はMANANIのアフリカンプリントのスカートをご紹介します。

プレーンなギャザースカートです。

ハリのある生地がたっぷり贅沢に使われています。

ウエストは幅広くゴムが入っているので胴回りがシュッとして見えます。

9180〜10130yen

 

 

 

 

 

丈はこの3とおり。

 

 

 

プリントのバリエーションはいろいろで、今後も追加納品の予定がありますが、

プリントによってはもう入手できないものもあります。

お気に入りのものを見つけにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたくし、このプリントをゲットしました。

丈は一番ロングのタイプです。

肌触りバツグン、ボリュームのバランスがよく、

スレンダーに見える気がして満足♪

 

 

 

 

 

 

 

7月1日(日)〜8日(日)

月替わり期間限定カレーランチ 『マイルドグリーンカレー』

 

毎回、美味しいと大好評の

cook lab ”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さん、再登場。

 

裕喜さん自身、グリーンカレーが大好きだけれど

食べているうちに辛すぎてつらくなるのをどうにかしたくて作られたもの。

8種類の野菜とココナッツミルクの甘さと鶏肉の旨みで、

辛いながらも辛さが後に残らない食べやすいカレー。

暑くなってくると無性に食べたくなるグリーンカレーを再リクエストしました。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

久しぶりにユキさんのグリーンカレーを食べました。

コレコレ、美味しいこの味だー!

ユキさん、本日ご来店予定です♪

田辺京子さんのファンだそう♡

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、

明日は、月イチカルチャー『楽々日本史の会』。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”身分の再編成と部落解放令”

今も続く部落差別とは。
参加ご希望の方は本日17時までにご連絡くださいね。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 

 

 

 

 

 

 

今日は曇っているので、エアコンの効きが早い♪

ただいま店内、カイテキでございます。

どうぞお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:41 |

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 4日め & 田辺京子さんのカップ & cook lab”迷羊舎”・菅原裕喜さんの『マイルドグリーンカレー』 

 

 

こんにちは。

 

 

昨日までの猛暑が少しだけ緩やかになりました。(汗)

早く秋になってほしいです・・・。

 

 

 

今朝、玄関を出たら、キレイな黒いチョウチョがいました。

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、4日め。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、他

 

 

 

今日は田辺京子さんのカップをご紹介します。

京子ワールド全開のユニークな絵柄のカップ。

手描きに加え、転写も併用。

この転写も手描きにないそのもののおもしろさがあり、

それらを上手く楽しくレイアウトする京子さんのセンスが問われます。

なんともププっと笑える魅力あふれる作品。

日常で最もヘビーに使うのがカップかもしれません。

お茶の度に楽しい気分を味わえることまちがいありません。

5400yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月1日(日)〜8日(日)

月替わり期間限定カレーランチ 『マイルドグリーンカレー』

 

毎回、美味しいと大好評の

cook lab ”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さん、再登場。

 

裕喜さん自身、グリーンカレーが大好きだけれど

食べているうちに辛すぎてつらくなるのをどうにかしたくて作られたもの。

8種類の野菜とココナッツミルクの甘さと鶏肉の旨みで、

辛いながらも辛さが後に残らない食べやすいカレー。

暑くなってくると無性に食べたくなるグリーンカレーを再リクエストしました。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

久しぶりにユキさんのグリーンカレーを食べました。

コレコレ、美味しいこの味だー!

ユキさん、明日5日にご来店予定です♪

田辺京子さんのファンだそう♡

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

今日はいくぶん過ごしやすいです。

どうぞお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:39 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    ten (09/07)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    Ricca OKANO (09/07)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ten (08/03)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ヤナガワ (08/03)
  • 芝原人形のお雛さま & 近田美穂さんの生ケーキ & 姫路“インデアン”の『ビーフカレー』
    Rika Udagawa (11/20)
  • 明後日『薬膳料理教室の会』
    阿部絵理子 (09/14)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    ten (08/28)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    川部重臣 (08/24)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    ten (06/17)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    阿部絵理子 (06/17)
モバイル
qrcode