ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

Doucattyのストール

 

 

 

こんにちは。

 

 

日差しが強く暑いです(汗)。

 

 

今朝、玄関を出たら何かの視線を感じました。

 

 

 

トカゲくん、逃げようとせずじーっと私を見ている。

ワンコのフルの化身だと思って、しばらく見つめ合いました。

 

 

 

 

 

8月1日(土)~7日(金) 12:00〜16:00

Doucatty 展、3日め。

 

 

テンでは何度もお世話になっている沖縄”Doucatty”の

Tシャツ、ストール、手ぬぐいが勢ぞろいします。

 

 

田原幸二さん・琴子さん夫妻とは8年以上のお付き合いです。

アトリエには4回ほどお邪魔したでしょうか。

直近は昨年末。

高い天井のおおらかな空間で、いつも楽しそうに制作されています。

 

 

 

 

 

 

『捺染(なせん)』という染めの技法で一枚一枚作られているDoucattyの手ぬぐい。

型を布に置き、染料を塗り付けてはがす、ステンシルのような技法です。

以前にもお伝えした染めの工程は以下のとおりです。

 

型置き

染料を混ぜたアルギン糊でさらしに捺染します。

 

乾いたら新聞紙で包みます。

 

蒸し器で10枚ずつ10分蒸します。

 

蒸しあがったら、一日かけて、

水とお湯で色糊を落とすため洗います。

 

余分な色糊が落ちたら干して乾かします。

 

できあがり♪

 

 

 

今日は、ひとつひとつ丁寧に染め上げられたストールをご紹介いたします。

90cm×200cmと、かなり大判なので、首に巻き付けるのもよいですが、

ソファに掛ける、窓辺にカーテンのように掛ける、部屋の仕切りとして天井から吊るすなど、

インテリアのエッセンスとしてステキです。

綿50、麻50の風合いもよいです。

 

 

この時季、涼し気です。

 

 

光を少し遮ってくれるので、窓辺にもよいでしょう。

 

 

肌にサラサラ、きもちよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ギャラテンでは、

現金以外にクレジットカード(お買い上げ一万円以上)とPayPayでお支払いいただけます。

 

今日から、キャンペーンが始まっています。

ぜひご利用くださいね。

 

 

 

 

 

佳き一日をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 11:54 |

Doucattyの手ぬぐい

 

 

こんにちは。

 

 

ついに昨日、関東も梅雨明けしました。

暑いです(汗)。

 

 

 

 

 

 

8月1日(土)~7日(金) 12:00〜16:00

Doucatty 展、2日め。

 

 

テンでは何度もお世話になっている沖縄”Doucatty”の

Tシャツ、ストール、手ぬぐいが勢ぞろいします。

 

 

田原幸二さん・琴子さん夫妻とは8年以上のお付き合いです。

アトリエには4回ほどお邪魔したでしょうか。

直近は昨年末。

高い天井のおおらかな空間で、いつも楽しそうに制作されています。

 

 

 

 

 

 

『捺染(なせん)』という染めの技法で一枚一枚作られているDoucattyの手ぬぐい。

型を布に置き、染料を塗り付けてはがす、ステンシルのような技法です。

以前にもお伝えした染めの工程は以下のとおりです。

 

型置き

染料を混ぜたアルギン糊でさらしに捺染します。

 

乾いたら新聞紙で包みます。

 

蒸し器で10枚ずつ10分蒸します。

 

蒸しあがったら、一日かけて、

水とお湯で色糊を落とすため洗います。

 

余分な色糊が落ちたら干して乾かします。

 

できあがり♪

 

 

 

 

今回、たくさんの絵柄の手ぬぐいを展開中。

今日は、私の独断・好きな絵柄のベスト10をご紹介します!

 

 

第一位 『ウチワサボテンと鳥』

 

第二位 『壺屋手ぬぐい』

 

第三位 『クロスクロス special』

 

第四位 『島人参』 kiredoのクリタさんが恋しい♡

 

第五位 『飛ぶ鳥』

 

第六位 『野原猫』

 

第七位 『六角いろまんちゃ』

 

第八位 『ユウナ魚グラデ』

 

第九位 『箱ネコ』

 

第十位 『vine』

 

 

 

 

 

 

先日、夕方帰宅した時、

セミが2匹向かい合ってジージー合唱していたので、

写真を撮っていたら、視界にもうひとつ。

 

 

 

ちょっとピンボケですが、

後ろの幹からカエルくんがじっと見ていた。

セミを見ていたわけではないかもしれないけど、

愛おしく思いました。

 

 

 

 

 

 

楽しい日曜の午後をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:45 |

Doucatty 展 本日スタート! & ”ホキ美術館”・”はなう” リニュアルオープン!

 

 

 

こんにちは。

 

 

8月最初の日は、

雲が多いながら晴れの蒸し暑い一日になりそうです。

 

 

 

 

 

 

8月1日(土)~7日(金) 12:00〜16:00

Doucatty 展

 

本日スタートします!

 

 

テンでは何度もお世話になっている沖縄”Doucatty”の

Tシャツ、ストール、手ぬぐいが勢ぞろいします。

 

 

田原幸二さん・琴子さん夫妻とは8年以上のお付き合いです。

アトリエには4回ほどお邪魔したでしょうか。

直近は昨年末。

高い天井のおおらかな空間で、いつも楽しそうに制作されています。

 

 

 

 

 

 

『捺染(なせん)』という染めの技法で一枚一枚作られているDoucattyの手ぬぐい。

型を布に置き、染料を塗り付けてはがす、ステンシルのような技法です。

以前にもお伝えした染めの工程は以下のとおりです。

 

型置き

染料を混ぜたアルギン糊でさらしに捺染します。

 

乾いたら新聞紙で包みます。

 

蒸し器で10枚ずつ10分蒸します。

 

蒸しあがったら、一日かけて、

水とお湯で色糊を落とすため洗います。

 

余分な色糊が落ちたら干して乾かします。

 

できあがり♪

 

 

 

新柄いろいろ。

どうぞご高覧くださいね。

 

 

 

 

 

今日は初日なので、全体の様子をざっとお伝えいたしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月については、以下のとおりで営業しております。

 

 

コロナウイルスの感染防止対策として、

カフェはお休みします。

書・日本史・薬膳料理教室・英会話のカルチャークラスも休講します。

 

 

先月に引き続き時短営業で12:00〜16:00とします。

今回は、来店予約制はとらず、会期中、自由にご来店ください。

一時的に店内が密になる場合は、

ご入店人数を規制し、玄関のところでお待ちいただくこともあります。

 

 

◎ご来店になるお客様へのおねがい

 

マスクをご着用ください。

店の玄関に置いてあるジェルで手指を消毒してください。

店内でご覧になっている他のお客様とはなるべく距離を保ってください。

暑い時季なので、エアコンをつけ、時々窓を開けて換気に努めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、昨秋から改修で休館していた”ホキ美術館”が本日リニュアルオープン!

おめでとうございます!!!

 

 

 

さきほど出勤前にチラっとご挨拶に行ってきました。

 

テンのカフェで昨年11月〜今年4月までランチでお世話になった

美術館併設のレストラン”はなう”さんも再開です。

今後は、はなうさんの美しい空間で美味しいランチやディナーをいただけます。

一つおきのテーブルの上に、クマのぬいぐるみ。

お客様の席の間隔をキープし営業されるようです。

ぜひお運びくださいね。

 

 

 

 

 

楽しい週末をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:14 |

8月の催しのおしらせ & オンラインショップ開設のおしらせ

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

書中お見舞い申し上げます。

 

日に日に蒸し暑さが増してきました(汗)。

 

 

 

 

7月もあと数日。

ブログをしばらくサボってしまいました。

今月の企画展においでいただきましたみなさま、通販でお買いいただいたみなさま、ようじさん、大川さん、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

8月の催しのおしらせです。

 

 

 

 

8月1日(土)~7日(金) 12:00〜16:00

Doucatty 展

 

 

テンでは何度もお世話になっている沖縄”Doucatty”の

Tシャツ、ストール、手ぬぐいが勢ぞろいします。

 

 

田原幸二さん・琴子さん夫妻とは8年以上のお付き合いです。

アトリエには4回ほどお邪魔したでしょうか。

直近は昨年末。

高い天井のおおらかな空間で、いつも楽しそうに制作されています。

 

 

 

 

 

 

『捺染(なせん)』という染めの技法で一枚一枚作られているDoucattyの手ぬぐい。

型を布に置き、染料を塗り付けてはがす、ステンシルのような技法です。

以前にもお伝えした染めの工程は以下のとおりです。

 

型置き

染料を混ぜたアルギン糊でさらしに捺染します。

 

乾いたら新聞紙で包みます。

 

蒸し器で10枚ずつ10分蒸します。

 

蒸しあがったら、一日かけて、

水とお湯で色糊を落とすため洗います。

 

余分な色糊が落ちたら干して乾かします。

 

できあがり♪

 

 

 

 

新柄いろいろ。

どうぞご高覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

8月については、以下のとおりで営業しております。

 

 

コロナウイルスの感染防止対策として、

カフェはお休みします。

書・日本史・薬膳料理教室・英会話のカルチャークラスも休講します。

 

 

先月に引き続き時短営業で12:00〜16:00とします。

今回は、来店予約制はとらず、会期中、自由にご来店ください。

一時的に店内が密になる場合は、

ご入店人数を規制し、玄関のところでお待ちいただくこともあります。

 

 

◎ご来店になるお客様へのおねがい

 

マスクをご着用ください。

店の玄関に置いてあるジェルで手指を消毒してください。

店内でご覧になっている他のお客様とはなるべく距離を保ってください。

暑い時季なので、エアコンをつけ、時々窓を開けて換気に努めます。

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、このご時世のもと、

やっとオンラインショップを開設しました。

少しずつ常設作品をアップしていきますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

 

コチラ→

 

 

 

 

 

 

 

ではでは〜。

 

 

 

| 展覧会 | 17:39 |

松岡ようじ(ガラス)・大川和宏(磁器) 2人展 最終日! & 本日 大川さん在廊! & 通販受付中

 

 

こんにちは。

 

 

小雨降る千葉。

昨日ほどではありませんが、涼しく過ごしやすいです。

 

 

 

今朝、庭のツワブキの葉の上にナメクジがいて写真を撮りましたが、

ブログにあげると気持ち悪いと思われる方もいらっしゃるかと思いやめました。

最近、ナメクジや蛾でさえも生きものに愛おしさを感じます。

日々、生長する植物にも心癒されます。

 

 

 

 

 

7月1日(水)〜14日(火)

12:00〜16:00

 

夏間近、

こんな時季に爽やかで清々しい作品を企画しました。

 

松岡ようじさんのガラス×大川和宏さんの磁器

2人展、ついに最終日となりました。

 

 

 

松岡ようじさん

 

ようじさんは神奈川県大和市で制作されています。

その大和のアトリエ、その前にいらした静岡県のアトリエ、

それぞれにお邪魔したことがあります。

ガラスを溶かした炉の前は灼熱。

熱中症にならないよう体調管理にも気が抜けません。

 

ようじさんのフランクで温かいお人柄は作品にそのまま表れていると思います。

柔らかいラインや心地よいサイズ感と厚み、

少し緑がかったレトロ感ある優しい色。

 

4年前に伺った時、

料理にめざめ、料理を美味しく見せる器を意識してつくるようになったとおっしゃっていました。

テンのカフェでもようじさんのガラス器はヘビロテで登場しています。

 

ようじさんの展覧会は今回で3回め。

2016年6月 ようじさん×大谷哲也さん(磁器)×菊池流架さん(金属)

2008年8月 ようじさん×林みちよさん(陶磁器)

なかなか展覧会の予約がとれない人気作家さんであります。

 

今回は、新たに蓋モノがおもしろいです。

グラス、皿、ボウル、花器などたくさん勢ぞろいします。

 

どうぞお楽しみに。

 

 

在廊日:1日(水)

 

 

 

大川和宏さん

 

大川さんは千葉県匝瑳市で作陶されています。

テンのカップ展では毎回お世話になっていますが、

今回初めていろんなアイテムを展開、

しかもふだんは土モノを作る大川さんに磁器オンリーでとオファーしました。

 

子どもの落書きのような自由な発想の絵柄はそのまま

ヴィヴィッドな色、パステルな色、濃紺、・・・が白い滑らかな磁肌に載ると、

陶器とはまた違った印象となり現代アートのよう。

磁器は頑丈で扱いやすく、日常遣いで大活躍。

テーブルの上がパッと明るくあざやかになりますね。

またテーブルコーディネートとして、

焼き締めの渋い器や漆器ともシックリきます。

ポップでありながらしっかりアクセントとして食卓を引き締める懐の深い器です。

 

磁器オンリーの大川さんの展覧会はテンが初。

どんな展開になるか楽しみです。

 

 

在廊日:1日(水)・5日(日)・14日(火)

 

 

 

 

 

 

7月については、以下のとおりで営業しております。

 

 

コロナウイルスの感染防止対策として、

8月まで

カフェはお休みします。

書・日本史・薬膳料理教室・英会話のカルチャークラスも休講します。

 

 

先月に引き続き時短営業で12:00〜16:00とします。

今回は、来店予約制はとらず、会期中、自由にご来店ください。

一時的に店内が密になる場合は、

ご入店人数を規制し、玄関のところでお待ちいただくこともあります。

 

また、3日以降は通販も承ります。

全ての作品をご紹介するには時間を要しますが、

随時アップしていきますので、お問い合わせくださいね。

 

 

 

◎ご来店になるお客様へのおねがい

 

マスクをご着用ください。

店の玄関に置いてあるジェルで手指を消毒してください。

店内でご覧になっている他のお客様とはなるべく距離を保ってください。

暑い時季なので、エアコンをつけ、時々窓を開けて換気に努めます。

 

 

 

 

 

ただいま、通販の受付をしています。

松岡ようじさんのページ→vol.1vol.2

大川和宏さんのページ→vol.1vol.2vol.3

 

 

通販をご利用いただく方へのお願いがありますので、以下ご確認ください。

 

◎基本的にはお電話ではなく、メールにてのお問い合わせでお願いいたします。

 

◎仮に同じ作品のお問い合わせがあった場合は、ご購入決定の旨をご連絡いただいたメールの先着順とします。

 

◎メールの返信は、できれば即、遅くとも12時間以内にいたします。

 たまに受信設定で届かないことがありますので、設定の変更、あるいは未着のお電話をいただければ助かります。

 

◎メールでのお問い合わせは以下の内容をご記入ねがいます。

 ,柑疚

 発送先の都道府県名

 7搬單渡暖峭

 い問い合わせ内容

 

◎通販決定の際は、お支払い方法は、指定の銀行振り込みのみです。

 ご入金確認次第、発送いたします。

 なお、お取り置き後の店頭でのお支払いはクレジットカード(1万円以上)、paypay等のご利用が可能です。

 

◎不良品でない限り基本的に返品を承りかねます。

 じっくりご検討の上、お買い上げ願います。

 

 

 

 

本日、

大川さんは終日、ようじさんは閉店時間少し前に来られます。

ぜひ会いにいらしてくださいね。

 

 

 

今展最終日です。

どうぞお見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から月末までお休みをいただきます。

コロナウイルスの動向が気になるところですが、

みなさまゲンキにお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

 

次は、8月1日に新企画のDoucattyさんの

Tシャツ、手ぬぐい、ストールを展開いたします。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

今日も佳き一日をお過ごしください。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:43 |

松岡ようじ(ガラス)・大川和宏(磁器) 2人展 明日まで! & 通販受付中

 

 

こんにちは。

 

 

ウソのような涼しさ、カイテキです♪

久しぶりにエアコンなしで窓を開け放っています。

 

 

 

シロヤマブキの四つ並んだ実。

今は茶色ですが、そのうち漆黒に。

白い花もステキですが、この実の生った風情も好きです。

 

 

 

 

 

7月1日(水)〜14日(火)

12:00〜16:00

 

夏間近、

こんな時季に爽やかで清々しい作品を企画しました。

 

松岡ようじさんのガラス×大川和宏さんの磁器

2人展、ついに明日が最終日となりました。

 

 

 

松岡ようじさん

 

ようじさんは神奈川県大和市で制作されています。

その大和のアトリエ、その前にいらした静岡県のアトリエ、

それぞれにお邪魔したことがあります。

ガラスを溶かした炉の前は灼熱。

熱中症にならないよう体調管理にも気が抜けません。

 

ようじさんのフランクで温かいお人柄は作品にそのまま表れていると思います。

柔らかいラインや心地よいサイズ感と厚み、

少し緑がかったレトロ感ある優しい色。

 

4年前に伺った時、

料理にめざめ、料理を美味しく見せる器を意識してつくるようになったとおっしゃっていました。

テンのカフェでもようじさんのガラス器はヘビロテで登場しています。

 

ようじさんの展覧会は今回で3回め。

2016年6月 ようじさん×大谷哲也さん(磁器)×菊池流架さん(金属)

2008年8月 ようじさん×林みちよさん(陶磁器)

なかなか展覧会の予約がとれない人気作家さんであります。

 

今回は、新たに蓋モノがおもしろいです。

グラス、皿、ボウル、花器などたくさん勢ぞろいします。

 

どうぞお楽しみに。

 

 

在廊日:1日(水)

 

 

 

大川和宏さん

 

大川さんは千葉県匝瑳市で作陶されています。

テンのカップ展では毎回お世話になっていますが、

今回初めていろんなアイテムを展開、

しかもふだんは土モノを作る大川さんに磁器オンリーでとオファーしました。

 

子どもの落書きのような自由な発想の絵柄はそのまま

ヴィヴィッドな色、パステルな色、濃紺、・・・が白い滑らかな磁肌に載ると、

陶器とはまた違った印象となり現代アートのよう。

磁器は頑丈で扱いやすく、日常遣いで大活躍。

テーブルの上がパッと明るくあざやかになりますね。

またテーブルコーディネートとして、

焼き締めの渋い器や漆器ともシックリきます。

ポップでありながらしっかりアクセントとして食卓を引き締める懐の深い器です。

 

磁器オンリーの大川さんの展覧会はテンが初。

どんな展開になるか楽しみです。

 

 

在廊日:1日(水)・5日(日)・14日(火)

 

 

 

 

 

 

7月については、以下のとおりで営業する予定です。

 

 

コロナウイルスの感染防止対策として、

8月まで

カフェはお休みします。

書・日本史・薬膳料理教室・英会話のカルチャークラスも休講します。

 

 

先月に引き続き時短営業で12:00〜16:00とします。

今回は、来店予約制はとらず、会期中、自由にご来店ください。

一時的に店内が密になる場合は、

ご入店人数を規制し、玄関のところでお待ちいただくこともあります。

 

また、3日以降は通販も承ります。

全ての作品をご紹介するには時間を要しますが、

随時アップしていきますので、お問い合わせくださいね。

 

 

 

◎ご来店になるお客様へのおねがい

 

マスクをご着用ください。

店の玄関に置いてあるジェルで手指を消毒してください。

店内でご覧になっている他のお客様とはなるべく距離を保ってください。

暑い時季なので、エアコンをつけ、時々窓を開けて換気に努めます。

 

 

 

 

 

ただいま、通販の受付をしています。

松岡ようじさんのページ→vol.1vol.2

大川和宏さんのページ→vol.1vol.2vol.3

 

 

通販をご利用いただく方へのお願いがありますので、以下ご確認ください。

 

◎基本的にはお電話ではなく、メールにてのお問い合わせでお願いいたします。

 

◎仮に同じ作品のお問い合わせがあった場合は、ご購入決定の旨をご連絡いただいたメールの先着順とします。

 

◎メールの返信は、できれば即、遅くとも12時間以内にいたします。

 たまに受信設定で届かないことがありますので、設定の変更、あるいは未着のお電話をいただければ助かります。

 

◎メールでのお問い合わせは以下の内容をご記入ねがいます。

 ,柑疚

 発送先の都道府県名

 7搬單渡暖峭

 い問い合わせ内容

 

◎通販決定の際は、お支払い方法は、指定の銀行振り込みのみです。

 ご入金確認次第、発送いたします。

 なお、お取り置き後の店頭でのお支払いはクレジットカード(1万円以上)、paypay等のご利用が可能です。

 

◎不良品でない限り基本的に返品を承りかねます。

 じっくりご検討の上、お買い上げ願います。

 

 

 

 

今展最終日の明日、

大川さんは終日、ようじさんは閉店時間少し前に来られます。

 

どうぞお見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

 

4年前、ようじさん×大谷哲也さん(陶)×菊池流架さん(金属)の3人展の際、

食事会でお世話になった佐川久子さん。

予約のとれない人気パン教室”Baking Studio Grano Di Ciaco”を主宰されています。

 

佐川さん、数日前にいらして、いくつかようじさんのガラス作品をお求めになり、

昨日のレッスンで早速使ってくださったところのお写真を送っていただきました。

夏の爽やかで涼やかなしつらい、ステキです!

 

↓ようじさんのたわみ皿

 

 

↓ようじさんのガラスの箱

 

↓ようじさんのピッチャー×高橋朋子さんの皿

 

 

 

 

 

佳き一日をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 11:31 |

松岡ようじさんのガラスの箱 & 通販受付中

 

 

こんにちは。

 

 

蒸し暑いです・・・(汗)。

 

 

 

マンリョウの花がひとつ咲きました。

可愛らしい。

 

 

 

 

 

7月1日(水)〜14日(火)

12:00〜16:00

 

夏間近、

こんな時季に爽やかで清々しい作品を企画しました。

 

松岡ようじさんのガラス×大川和宏さんの磁器

2人展、会期終盤。

 

 

 

松岡ようじさん

 

ようじさんは神奈川県大和市で制作されています。

その大和のアトリエ、その前にいらした静岡県のアトリエ、

それぞれにお邪魔したことがあります。

ガラスを溶かした炉の前は灼熱。

熱中症にならないよう体調管理にも気が抜けません。

 

ようじさんのフランクで温かいお人柄は作品にそのまま表れていると思います。

柔らかいラインや心地よいサイズ感と厚み、

少し緑がかったレトロ感ある優しい色。

 

4年前に伺った時、

料理にめざめ、料理を美味しく見せる器を意識してつくるようになったとおっしゃっていました。

テンのカフェでもようじさんのガラス器はヘビロテで登場しています。

 

ようじさんの展覧会は今回で3回め。

2016年6月 ようじさん×大谷哲也さん(磁器)×菊池流架さん(金属)

2008年8月 ようじさん×林みちよさん(陶磁器)

なかなか展覧会の予約がとれない人気作家さんであります。

 

今回は、新たに蓋モノがおもしろいです。

グラス、皿、ボウル、花器などたくさん勢ぞろいします。

 

どうぞお楽しみに。

 

 

在廊日:1日(水)

 

 

 

大川和宏さん

 

大川さんは千葉県匝瑳市で作陶されています。

テンのカップ展では毎回お世話になっていますが、

今回初めていろんなアイテムを展開、

しかもふだんは土モノを作る大川さんに磁器オンリーでとオファーしました。

 

子どもの落書きのような自由な発想の絵柄はそのまま

ヴィヴィッドな色、パステルな色、濃紺、・・・が白い滑らかな磁肌に載ると、

陶器とはまた違った印象となり現代アートのよう。

磁器は頑丈で扱いやすく、日常遣いで大活躍。

テーブルの上がパッと明るくあざやかになりますね。

またテーブルコーディネートとして、

焼き締めの渋い器や漆器ともシックリきます。

ポップでありながらしっかりアクセントとして食卓を引き締める懐の深い器です。

 

磁器オンリーの大川さんの展覧会はテンが初。

どんな展開になるか楽しみです。

 

 

在廊日:1日(水)・5日(日)・14日(火)

 

 

 

 

 

 

7月については、以下のとおりで営業する予定です。

 

 

コロナウイルスの感染防止対策として、

8月まで

カフェはお休みします。

書・日本史・薬膳料理教室・英会話のカルチャークラスも休講します。

 

 

先月に引き続き時短営業で12:00〜16:00とします。

今回は、来店予約制はとらず、会期中、自由にご来店ください。

一時的に店内が密になる場合は、

ご入店人数を規制し、玄関のところでお待ちいただくこともあります。

 

また、3日以降は通販も承ります。

全ての作品をご紹介するには時間を要しますが、

随時アップしていきますので、お問い合わせくださいね。

 

 

 

◎ご来店になるお客様へのおねがい

 

マスクをご着用ください。

店の玄関に置いてあるジェルで手指を消毒してください。

店内でご覧になっている他のお客様とはなるべく距離を保ってください。

暑い時季なので、エアコンをつけ、時々窓を開けて換気に努めます。

 

 

 

 

 

ただいま、通販の受付をしています。

松岡ようじさんのページ→vol.1vol.2

大川和宏さんのページ→vol.1vol.2vol.3

 

 

通販をご利用いただく方へのお願いがありますので、以下ご確認ください。

 

◎基本的にはお電話ではなく、メールにてのお問い合わせでお願いいたします。

 

◎仮に同じ作品のお問い合わせがあった場合は、ご購入決定の旨をご連絡いただいたメールの先着順とします。

 

◎メールの返信は、できれば即、遅くとも12時間以内にいたします。

 たまに受信設定で届かないことがありますので、設定の変更、あるいは未着のお電話をいただければ助かります。

 

◎メールでのお問い合わせは以下の内容をご記入ねがいます。

 ,柑疚

 発送先の都道府県名

 7搬單渡暖峭

 い問い合わせ内容

 

◎通販決定の際は、お支払い方法は、指定の銀行振り込みのみです。

 ご入金確認次第、発送いたします。

 なお、お取り置き後の店頭でのお支払いはクレジットカード(1万円以上)、paypay等のご利用が可能です。

 

◎不良品でない限り基本的に返品を承りかねます。

 じっくりご検討の上、お買い上げ願います。

 

 

 

今日は、松岡ようじさんのガラスの箱をご紹介します。

今展のカオとも言える作品です。

 

ようじさんの特徴でもある黄緑がかったガラスの色、

厚みがあって揺らぎのある肌、

カキっとせず優しいカタチ、

箱型で蓋がつく特別な存在、

空っぽでも雰囲気がありますが、

中に何かが入ると魅惑的になる。

美しい美しいガラスの箱。

 

薬味やソースなどを入れて食器として使うのはもちろん、

切手を入れたり、

アクセサリー、ドライフラワー、・・・

大切な小さいものを入れると、

ガラス越しに見えるそれは

また違うニュアンスが楽しめます。

 

箱:7000yen

蓋:2000yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい日曜の午後をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:52 |

大川和宏さんの描く絵柄 & 通販受付中

 

 

こんにちは。

 

 

湿度温度ともに高い土曜(汗)。

 

 

 

アベリアはどんなに暑くても

いつも清々しく咲いています。

 

 

 

 

 

7月1日(水)〜14日(火)

12:00〜16:00

 

夏間近、

こんな時季に爽やかで清々しい作品を企画しました。

 

松岡ようじさんのガラス×大川和宏さんの磁器

2人展、会期後半。

 

 

 

松岡ようじさん

 

ようじさんは神奈川県大和市で制作されています。

その大和のアトリエ、その前にいらした静岡県のアトリエ、

それぞれにお邪魔したことがあります。

ガラスを溶かした炉の前は灼熱。

熱中症にならないよう体調管理にも気が抜けません。

 

ようじさんのフランクで温かいお人柄は作品にそのまま表れていると思います。

柔らかいラインや心地よいサイズ感と厚み、

少し緑がかったレトロ感ある優しい色。

 

4年前に伺った時、

料理にめざめ、料理を美味しく見せる器を意識してつくるようになったとおっしゃっていました。

テンのカフェでもようじさんのガラス器はヘビロテで登場しています。

 

ようじさんの展覧会は今回で3回め。

2016年6月 ようじさん×大谷哲也さん(磁器)×菊池流架さん(金属)

2008年8月 ようじさん×林みちよさん(陶磁器)

なかなか展覧会の予約がとれない人気作家さんであります。

 

今回は、新たに蓋モノがおもしろいです。

グラス、皿、ボウル、花器などたくさん勢ぞろいします。

 

どうぞお楽しみに。

 

 

在廊日:1日(水)

 

 

 

大川和宏さん

 

大川さんは千葉県匝瑳市で作陶されています。

テンのカップ展では毎回お世話になっていますが、

今回初めていろんなアイテムを展開、

しかもふだんは土モノを作る大川さんに磁器オンリーでとオファーしました。

 

子どもの落書きのような自由な発想の絵柄はそのまま

ヴィヴィッドな色、パステルな色、濃紺、・・・が白い滑らかな磁肌に載ると、

陶器とはまた違った印象となり現代アートのよう。

磁器は頑丈で扱いやすく、日常遣いで大活躍。

テーブルの上がパッと明るくあざやかになりますね。

またテーブルコーディネートとして、

焼き締めの渋い器や漆器ともシックリきます。

ポップでありながらしっかりアクセントとして食卓を引き締める懐の深い器です。

 

磁器オンリーの大川さんの展覧会はテンが初。

どんな展開になるか楽しみです。

 

 

在廊日:1日(水)・5日(日)・14日(火)

 

 

 

 

 

 

7月については、以下のとおりで営業する予定です。

 

 

コロナウイルスの感染防止対策として、

8月まで

カフェはお休みします。

書・日本史・薬膳料理教室・英会話のカルチャークラスも休講します。

 

 

先月に引き続き時短営業で12:00〜16:00とします。

今回は、来店予約制はとらず、会期中、自由にご来店ください。

一時的に店内が密になる場合は、

ご入店人数を規制し、玄関のところでお待ちいただくこともあります。

 

また、3日以降は通販も承ります。

全ての作品をご紹介するには時間を要しますが、

随時アップしていきますので、お問い合わせくださいね。

 

 

 

◎ご来店になるお客様へのおねがい

 

マスクをご着用ください。

店の玄関に置いてあるジェルで手指を消毒してください。

店内でご覧になっている他のお客様とはなるべく距離を保ってください。

暑い時季なので、エアコンをつけ、時々窓を開けて換気に努めます。

 

 

 

 

 

ただいま、通販の受付をしています。

松岡ようじさんのページ→vol.1vol.2

大川和宏さんのページ→vol.1vol.2vol.3

 

 

通販をご利用いただく方へのお願いがありますので、以下ご確認ください。

 

◎基本的にはお電話ではなく、メールにてのお問い合わせでお願いいたします。

 

◎仮に同じ作品のお問い合わせがあった場合は、ご購入決定の旨をご連絡いただいたメールの先着順とします。

 

◎メールの返信は、できれば即、遅くとも12時間以内にいたします。

 たまに受信設定で届かないことがありますので、設定の変更、あるいは未着のお電話をいただければ助かります。

 

◎メールでのお問い合わせは以下の内容をご記入ねがいます。

 ,柑疚

 発送先の都道府県名

 7搬單渡暖峭

 い問い合わせ内容

 

◎通販決定の際は、お支払い方法は、指定の銀行振り込みのみです。

 ご入金確認次第、発送いたします。

 なお、お取り置き後の店頭でのお支払いはクレジットカード(1万円以上)、paypay等のご利用が可能です。

 

◎不良品でない限り基本的に返品を承りかねます。

 じっくりご検討の上、お買い上げ願います。

 

 

 

 

今日は、大川さんの器に描かれている絵柄についてご紹介します。

いつもは陶器を主に作られている大川さんですが、

今展では全て磁器で出展していただいています。

肌自体、陶と磁では異なる質感ですが、

磁器の艶やかな白い肌に描かれる大川さんの自由闊達な絵柄が生き生きと描かれています。

幼い子どもが描いたような絵と、現代アートは紙一重。

そんな絵柄が大川さんの器の中に見られます。

 

これらの描かれる線に注目してみてください。

ほぼ均一な太さの線は、

筆で描かれたものではなく、

先の細いペン状のもので線刻した溝に色を入れていく”線象嵌(ぞうがん)”という技法によるもの。

線の描かれたところを指で撫でてみると、

少し凹凸があるのがわかります。

 

磁土の真っ白な地色をキャンバスとしたドローイング。

まさに使うアートな器です。

 

筆で描かれた線とは違う独特の味わいがありますね。

また、例えば一本の線の中にいろんな色が入っているもの・・・。

筆であれば違う色をつないで描かなければなりませんが、

線象嵌の場合、ギクシャクすることなく自由に染め分けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜は一宮の”青”さんに行ってきました。

シェフの片岡さんにまたまたワガママを言い、器を持ち込んで食事。

美味しいもので心癒される。

 

 

ノンアルビール

(器:松岡ようじ)

 

岩牡蠣

(器:松岡ようじ)

 

いすみ豚のロースハムと生マッシュルームのサラダ

(器:松岡ようじ)

 

鰹のカルパッチョ

(器:大川和宏、松岡ようじ)

 

ズッキーニのリングィネ トマトソース

(器:大川和宏)

 

桃のコンポート×マスカルポーネ

(器:松岡ようじ)

ボタニカルティー by MITOSAYA

(器:松岡ようじ)

 

 

 

 

 

 

 

楽しい週末をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:45 |

松岡ようじさんの小さなピッチャー & 通販受付中

 

 

こんにちは。

 

 

千葉は久しぶりに日が差して気温がグングン上がってきています。

 

 

 

 

フッキソウの実、発見。

花の時季を見逃してしまいました。

 

 

 

 

 

7月1日(水)〜14日(火)

12:00〜16:00

 

夏間近、

こんな時季に爽やかで清々しい作品を企画しました。

 

松岡ようじさんのガラス×大川和宏さんの磁器

2人展、会期後半。

 

 

 

松岡ようじさん

 

ようじさんは神奈川県大和市で制作されています。

その大和のアトリエ、その前にいらした静岡県のアトリエ、

それぞれにお邪魔したことがあります。

ガラスを溶かした炉の前は灼熱。

熱中症にならないよう体調管理にも気が抜けません。

 

ようじさんのフランクで温かいお人柄は作品にそのまま表れていると思います。

柔らかいラインや心地よいサイズ感と厚み、

少し緑がかったレトロ感ある優しい色。

 

4年前に伺った時、

料理にめざめ、料理を美味しく見せる器を意識してつくるようになったとおっしゃっていました。

テンのカフェでもようじさんのガラス器はヘビロテで登場しています。

 

ようじさんの展覧会は今回で3回め。

2016年6月 ようじさん×大谷哲也さん(磁器)×菊池流架さん(金属)

2008年8月 ようじさん×林みちよさん(陶磁器)

なかなか展覧会の予約がとれない人気作家さんであります。

 

今回は、新たに蓋モノがおもしろいです。

グラス、皿、ボウル、花器などたくさん勢ぞろいします。

 

どうぞお楽しみに。

 

 

在廊日:1日(水)

 

 

 

大川和宏さん

 

大川さんは千葉県匝瑳市で作陶されています。

テンのカップ展では毎回お世話になっていますが、

今回初めていろんなアイテムを展開、

しかもふだんは土モノを作る大川さんに磁器オンリーでとオファーしました。

 

子どもの落書きのような自由な発想の絵柄はそのまま

ヴィヴィッドな色、パステルな色、濃紺、・・・が白い滑らかな磁肌に載ると、

陶器とはまた違った印象となり現代アートのよう。

磁器は頑丈で扱いやすく、日常遣いで大活躍。

テーブルの上がパッと明るくあざやかになりますね。

またテーブルコーディネートとして、

焼き締めの渋い器や漆器ともシックリきます。

ポップでありながらしっかりアクセントとして食卓を引き締める懐の深い器です。

 

磁器オンリーの大川さんの展覧会はテンが初。

どんな展開になるか楽しみです。

 

 

在廊日:1日(水)・5日(日)・14日(火)

 

 

 

 

 

 

7月については、以下のとおりで営業する予定です。

 

 

コロナウイルスの感染防止対策として、

8月まで

カフェはお休みします。

書・日本史・薬膳料理教室・英会話のカルチャークラスも休講します。

 

 

先月に引き続き時短営業で12:00〜16:00とします。

今回は、来店予約制はとらず、会期中、自由にご来店ください。

一時的に店内が密になる場合は、

ご入店人数を規制し、玄関のところでお待ちいただくこともあります。

 

また、3日以降は通販も承ります。

全ての作品をご紹介するには時間を要しますが、

随時アップしていきますので、お問い合わせくださいね。

 

 

 

◎ご来店になるお客様へのおねがい

 

マスクをご着用ください。

店の玄関に置いてあるジェルで手指を消毒してください。

店内でご覧になっている他のお客様とはなるべく距離を保ってください。

暑い時季なので、エアコンをつけ、時々窓を開けて換気に努めます。

 

 

 

 

 

ただいま、通販の受付をしています。

松岡ようじさんのページ→vol.1vol.2

大川和宏さんのページ→vol.1vol.2vol.3

 

 

通販をご利用いただく方へのお願いがありますので、以下ご確認ください。

 

◎基本的にはお電話ではなく、メールにてのお問い合わせでお願いいたします。

 

◎仮に同じ作品のお問い合わせがあった場合は、ご購入決定の旨をご連絡いただいたメールの先着順とします。

 

◎メールの返信は、できれば即、遅くとも12時間以内にいたします。

 たまに受信設定で届かないことがありますので、設定の変更、あるいは未着のお電話をいただければ助かります。

 

◎メールでのお問い合わせは以下の内容をご記入ねがいます。

 ,柑疚

 発送先の都道府県名

 7搬單渡暖峭

 い問い合わせ内容

 

◎通販決定の際は、お支払い方法は、指定の銀行振り込みのみです。

 ご入金確認次第、発送いたします。

 なお、お取り置き後の店頭でのお支払いはクレジットカード(1万円以上)、paypay等のご利用が可能です。

 

◎不良品でない限り基本的に返品を承りかねます。

 じっくりご検討の上、お買い上げ願います。

 

 

 

 

今日は、松岡ようじさんの小さなピッチャーをご紹介します。

この作品は、ずいぶん昔からようじさんが作られているものですが、

不変で普遍な美しさがこの小さな作品の中に凝縮されていて惚れ惚れします。

 

丸く優しいフォルムの美しさはさることながら、

ようじさんの黄みがかったガラスの色と

ぽってりと厚みのあるところと薄いところの塩梅と

その厚みがもたらす光の屈折と

シンプルなのにすごい存在感と

・・・・・

いろんな要素が相まって、美の極致がココに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このピッチャーは、

2008年8月の企画展の時の表紙に使いました。

林みちよさんの これまた見目麗しい彫刻のような作品との組み合わせがとても気に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

さて、

昨日は都内でコロナ感染者が200人を超えたとのこと。

 

テンのカルチャーの書の会の講師・西尾修一さん、

版画家としても活動されています。

先日、疫病退散の妖怪・アマビエの作品をいただきました。

 

 

 

そのコピーをポストカードサイズで

たくさんいただいています。

ご希望の方には差し上げますので、お申しつけくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

佳き一日をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:56 |

大川和宏さんの作品 for 通販 vol.3 (9日更新版) complete

 

 

 

大川和宏さんの磁器作品の通販ページです。

 

こちらは vol.1、vol.2 の続きで、そちらもご覧ください。→→

 

 

 

 

通販をご利用いただく方へのお願いがありますので、以下ご確認ください。

 

◎基本的には、メールにてのお問い合わせでお願いいたします。

 詳細についてのお問い合わせ等、お電話をいただいても対応いたします。

 0475-78-3068

 

◎仮に同じ作品のお問い合わせがあった場合は、ご購入決定の旨をご連絡いただいたメールの先着順とします。

 

◎メールの返信は、できれば即、遅くとも12時間以内にいたします。

 たまに受信設定で届かないことがありますので、設定の変更、あるいは未着の旨のお電話をいただければ助かります。

 

◎メールでのお問い合わせは以下の内容をご記入ねがいます。

 ,柑疚

 発送先の都道府県名

 7搬單渡暖峭

 い問い合わせ内容

 

◎通販決定の際は、お支払い方法は、指定の銀行振り込みのみです。

 ご入金確認次第、発送いたします。

 なお、お取り置き後の店頭でのお支払いはクレジットカード(1万円以上)、paypay等のご利用が可能です。

 

◎不良品でない限り基本的に返品を承りかねます。

 じっくりご検討の上、お買い上げ願います。

 

 

 

大川さんの作品は全て違う一点ものです。

表記のサイズも個体差がありますので、ご確認ください。

 

 

 

 

◎ドラ鉢

φ13〜14cm、h5〜5.5cm 4400yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎6寸丸皿

φ19cm 4950yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎片口

 

φ9〜10cm、h7cm 3850yen

 

 

 

 

左 

φ8〜10cm、h9.5cm 3850yen

φ10〜11cm、h10cm   4400yen

 

 

 

 

 

 

 

◎高台マグカップ

φ7〜8cm、h7.5cm 3850yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎マグカップ

φ8.5cm、h7cm   4400yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎足付きボウル

φ10.5〜13cm、h5.5〜6.5cm 4400yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎カラカラカップ

φ7cm、h7.5cm 3850yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎そばちょこ

φ9cm、h7cm 3850yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎湯呑

φ7cm、h9.5cm 3850yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎ぐい吞み

φ7.5〜8cm、h4〜5cm 2750yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンプリートしました(汗)。

 

 

お問い合わせお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 16:21 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜16:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Tinyknotsのギャッベ & ”はなう”小島祥シェフの『スペシャルランチ』 & 本日『楽々日本史の会』
    ten (01/10)
  • Tinyknotsのギャッベ & ”はなう”小島祥シェフの『スペシャルランチ』 & 本日『楽々日本史の会』
    クラモチ ユミコ (01/10)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    ten (11/21)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    坂口純子 (11/21)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    ten (11/12)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    西尾修一 (11/12)
  • 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』 
    センニン (07/10)
  • 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』
    センニン (07/08)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    ten (06/16)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    センニン (06/15)
モバイル
qrcode