ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

5月の催しのおしらせ

 

 

風薫る新緑の季節到来!

 

 

 

5月の催しのお知らせをいたします。

 

 

 

◎5月1日(水)〜20日(月) 『カップ大集合』展

 

ふだんの暮らしの中で最もたくさん使う器はカップではないでしょうか。

一日に何回登場しますか?

使うたびに、楽しくなる、幸せになる、心躍る、・・・そんなカップをお使いでしょうか。

色遣いがキレイ、

カタチがおもしろい、

絵柄がユニーク、

手触り・口触りがよい、

見ているだけでウキウキする、

アートを使って楽しめる、

驚く仕掛けがある、

・・・・・

今回9名の作家さん方による350点以上のカップが勢ぞろいします!

ぜひお気に入りのカップを見つけてください。

 

なお、作家在廊日については、随時、このブログでお知らせいたしますので、

作家さんにも会いにいらしてくださいね。

 

<出展作家> (50音順)

 

石谷真美(静岡):生き生きとした植物の絵付けがモダンなカップ

大川和宏(千葉):自由な線や色遣いや音で楽しめるカップ

岡野里香(長野):造形・質感の魅力あふれるカップ

キダサトコ(福島):ユニークな動物がいっぱいのカップ

久世礼(千葉):ナンセンスでキュートなキャラクターのカップ

小泊良(沖縄):迫力の抽象画で飲むカップ

坂井千尋(東京):モノクロの動物が語りかけるカップ

竹内陽子(千葉):ワクワクするようなポップなカップ

松浦香織(静岡):クール・シュール・ノンルールなカップ

 

 

 

 

◎5月17日(水) 9:00〜18:30

    18日(木)   9:00〜18:30

『ダイナミックプレゼンテーションスキル』ワークショップ vol.2

 

カナダからCecillia Yeung(シシリア ヤング)さんをお招きして、

彼女独自のスタイルのプレゼンテーション(スピーチ)のワークショップを行います。

 

シシリアさんは、主にアジア諸国で、

数多くの専門職、経営者、会社員、講師や学生、アーティスト、

人前で話す話し手としての技術を段階的・効果的な方法でトレーニングしています。

とてもユニークかつ独創的なメソッドで、不安や恐れを克服し、確固たる自信を持ち、

聴衆を魅了しインスパイアする話し方を学ぶものです。

 

日時:5月17日(水) 9:00〜18:30

   5月18日(木) 9:00〜18:30

 

場所:gallery ten

    千葉県大網白里市駒込752−203

   tel:0475-78-3068

 

定員:各日8名

  ※うち2人はリピーター枠

  ※初参加の方が4名未満の場合は開講なし

 

会費:33000yen  

   お二人以上でご参加の場合は@29000yen

   リピーターは無料

 

応募方法:メールにてお申込みください。

   初参加の方→先着順、リピーターの方→抽選

 

WSの一日の流れ

 ◎午前中(9:00〜13:00)

  ・自己紹介

  ・プレゼンテーション(スピーチ)の準備

  ・プレゼンテーションの目的・目標を明確にする

  ・緊張の原因を知り、恐れと不安を克服する段階を理解する

  ・ボディランゲージについて

  ・一回目のプレゼンテーション(自己紹介)

  ・一人一人へのコーチングと感想

 ◎ランチ(13:00〜14:00)

 ◎午後(14:00〜18:30)

  ・テクニックと技法を伸ばす

  ・スピーチの構造

  ・記憶に残るスピーチを準備する

  ・聴衆に影響を与える

  ・プレゼンテーションの5つのゴールデンルール

  ・話し手を紹介する

  ・デザインと準備

  ・最後のプレゼンテーション

  ・感想と最終レッスン

度々コーヒーブレイクを入れながらの長時間にわたるワークショップですが、

リズミカルにトントンと流れる内容であっという間に時間が経ってしまいます。

 

この会についての詳細はコチラをご覧ください。

 

 

 

 

◎5月1日(月)〜7日(日)

月替わり期間限定カレーランチ 『マイルドグリーンカレー』
 

cook labo ”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さん、再登場です♪

裕喜さん自身、グリーンカレーが大好きだけれど

食べているうちに辛すぎてつらくなるのをどうにかしたくて作られたもの。

8種類の野菜とココナッツミルクの甘さと鶏肉の旨みで、

辛いながらも辛さが後に残らない食べやすいカレー。

グリーンカレーを食べなれていない方にもご好評いただいているカレーだそうです。

 

ぜひご賞味くださいね。


ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

↓昨年、ユキさんにお世話になった時のカレー

 

↓大好評の福神漬けづくりのワークショップも行いました。

 

 

 

◎5月2日(火) 10:00〜12:00
 5月6日(土) 10:00〜12:00 『大人の書の会』vol.28

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

今回は筆ペンも習います。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
要予約

 

 

 

 

◎『楽々日本史(近・現代史)の会』

5月の日本史の会はお休みです。

 

 


◎5月12日(金) 9:30〜11:45 『薬膳料理教室の会』vol.29

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“浮腫みの予防・解消に効果的な料理”。

身体の水分は、身体をなめらかにしたり、お肌を艶やかにしたり、

体温調節にもかかわりを持っています。

しかし、水分の巡りが悪いと、

浮腫み、冷えや関節痛、アレルギーの原因にもなります。

体内の水はけをよくし、余分な水分を出す料理のレクチャーです。


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
要予約

 

 

 

 

◎5月15日(月)  9:00〜10:20(中級クラス)
         10:30〜11:50(初級クラス) 『からだで覚える英語の会』vol.12

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

 

 

 

◎5月22日(月) kiredo kitchen

 世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。
 栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

◎5月13日(土) 12:00〜14:00 『おばんざいランチ』 

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。


1800円 15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

 

 

 

 

 

 

ご興味のある催しにぜひおいでくださいませ。

 

 

 

ではでは。

| 展覧会 | 19:27 |

搬出・搬入作業(汗)

 

 

こんばんは。

 

 

今日もよいお天気でした。

日が暮れると急に冷えてきています。

それでも昨日の夜、窓を開けて作業していたら、蚊に噛まれ(刺され)ました。(汗)

 

 

今朝、庭の足元を見たら、ピンクの小さい花が咲いていました。

コレ、名前がわからないのですが、

お隣のお宅のグランドカバーとして植わっているこの花がいつもかわいいなぁと見ていました。

風に乗って種が飛んできて、ウチにも咲いてくれました。

うれしい♡

 

 

 

 

greening』展、昨日、無事に終了しました。

おいでいただいたみなさま、

出展していただいた作家さん方、
ありがとうございました。

 

小高善和さんに至っては、会期中毎日毎日在廊し、

せっせとお客様の応対や工房外でできる作業をしていました。

他のお仕事もやりつつの連日在廊は大変だったと思います。

毎日会っていたので、今では寂しささえ感じます。

恋心・・・? 

いえいえ、同僚が異動でいなくなった感覚ですかね。(苦笑)

 

今回で小高さんの企画展は5回めでしたが、

初めてご覧になる方、

何度かご覧になって靴を作ってみようと思われた方、

もう一足をと注文されるリピーターの方、

・・・いろんな方にご来店いただきました。

 

そしてお修理を依頼されるリピーターの方もたくさん。

これは、普段、愛用されていることの証し。

ソールを張り替えたり、

革が少し伸びてきたのを修正したり、

摺りきれてきたところを補修したり、

直して直してより愛着をもって、履き続けていかれることができるのです。

また、リピーターの方が多いのも、小高靴の良さを物語っているのだと思います。

私も今回、修理に出したり、色違いの靴を注文したりしました。

今後も店内には靴サンプルを常設展示しております。

随時ご注文を承りますので、お問合せくださいね。

 

 

 

 

 

 

はー、もう4月も終わりですね。

月日の経つのは早い。(汗)

 

 

 

昨日の閉店後、

佐藤千香子さん、小高さん、私で、

検品や搬出作業をしました。

 

今日も朝から東直人さんの作品の梱包、

来月の企画展の作品が続々と到着。

今日だけで7人の作家さんの作品の梱包を解きました。

明日も引き続き搬入があります。

サボらず、チャチャっと仕事をして休養の時間も取らねば・・・。

頑張ります。

 

 

・・・とか言いながら、店主の権限(?)で、

チョコチョコと作品にツバをつけております。(微笑)

 

 

 

 

 

来月は9人の作家さんによるカップ展。

300点超えのカップが勢ぞろいします。

よりどりみどり、楽しそうです♪

どうぞご期待くださいね。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

| 展覧会 | 19:01 |

『greening』展 最終日! & 本日 佐藤千香子さん・小高善和さん在廊

 

 

こんにちは。

 

 

爽やかなお天気ですね。

鳥のさえずりも聞こえてきます。

 

 

庭のトキワマンサクが満開。

薄クリーム色のシャワシャワっとした花びらが清々しいです。

 

 

 

 

 

 

greening』展、最終日。

 

 

春を迎え、自然界の植物がどんどん芽吹いて青々とした時季になります。

今展のテーマは”緑”。

色の緑、植物の緑、息吹の緑、・・・、

溌剌とした春という季節を満喫する展覧会になればうれしいです。

 

 

東直人さんは、宮崎県生まれ、岐阜県恵那市在住。

奇を衒わない正統派で格調高い東さんの器、

また織部の何とも言えない緑が落ち着きと安心感を与えてくれます。

料理を映えさせる包容力と、飽きがこずまた使いたくなる魅力があります。

東さんの器が食卓にのぼると、ビシっと引き締まります。

レストランや割烹などでは、プロの料理が美しい器に盛りつけられていますが、

家庭料理でもひとつ器にこだわることで、食卓に華が加わり品格や美味しさが増し、

家族や招かれた人たちの幸せとなります。

今回、バリエーション豊かに勢ぞろいします。

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

 

佐藤千香子さんは、東京都生まれ、千葉県千葉市在住。

女子美術大学産業デザイン科卒業。

フィンランド、ブルガリア、キルギスなど北欧に暮らしながら染めと向き合う。

北欧ならではの自然、こと森における空気感は千香子さんの創作の源になっています。

木々の造形をモチーフとして型染めやスクリーンなどで染め上げ、

空気をはらんでフワっとしたストールを見にまとう。

千香子さんの作品を見ているだけでその情景が浮かんでくるようです。

今回、ストール、バッグ、クロスなどを展開いたします。

8日(土)、14日(金)、23日(日)、24日(月)に在廊予定です。

 

 

 

小高善和さんは、千葉県生まれ、千葉県白子町在住。

小高さんの企画はもう何度も展開していますが、

これほど買われた方から喜ばれている幸せな作家さんはいないなぁと実感します。

外反母趾などをはじめ、市販の靴が合わないという方がとても多いのに驚きます。

彼らのほとんどが靴にむりやり自分の足を合わせているわけですが、

それは仕方がないことだと違和感も覚えず合わない靴を履いていることが多い。

ところが、小高さんの作る靴から

「自分にピッタリの靴ができるんだ」「ピッタリの靴がこんなに心地よいものだ」という感動が芽生えます。

今回、既成のバブーシュ、外羽根靴は、豊富なサイズ・革をお選びいただけ、

サンプルデザインの中からサイズを合わせて作るセミオーダー靴、

木型を作ったフルオーダーの靴のご注文も承ります。

小高さんは、会期中全日在廊予定。

それぞれの方の足に寄り添い、的確なアドバイスや靴づくりのお手伝いをします。

ぜひ、お気に入りの一足を!

 

 

 

今日は、佐藤千香子さん・小高善和さんが在廊。

お二人にも会いにいらしてくださいね。

 

 

早くも最終日。

お見逃しはありませんか?

ぜひご高覧くださいませ〜!

 

 

 

 

 

昨日と今日の千香子さんの在廊中、

ブローチづくりを見せていただいています。

これは、ブルガリアの民族衣装に使われているブレードを、

千香子さんのデザインで縫いとめてカタチにしていきます。

これがまたとても細かい仕事で、繊細に仕上がっていくのが見てとれます。

このブレード自体、12本のウールの細い糸を組みひものようにしてコード状にしていくそうです。

 

 

できあがりはこんな感じです。

裏にピンをつけて、ブローチに。

モダンで品格が感じられますね。

今日も一日、千香子さんが作るところをご覧いただけます。

ご興味のある方はお声かけくださいね。

 

 

 

 

明日から30日(日)までお休みをいただきます。

その間、今展の片づけや次展の準備に追われそうです。(汗)

 

次の営業は、5月1日(月)。

新企画展がスタートします。

9人の作家さんのカップが勢ぞろいします。

今朝から少しずつ作品が届いています。

梱包を開けるのが楽しみだ♪

 

 

 

今週末からゴールデンウィークに突入ですね。

私はガッツリ仕事ですが、

爽やかな新緑の季節をめいっぱい体感したいと思っています。

 

 

暖かくなってきたとは言え、

朝晩の寒暖の差がまだまだ大きいです。

風邪など引かれませんよう、体調管理には十分お気を付けくださいね。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:33 |

『greening』展 明日まで! & 本日 佐藤千香子さん・小高善和さん在廊

 

こんにちは。

 

 

よいお天気ですね。

 

 

直径が8ミリくらいしかないかわいい黄色の花が咲き始めてきました。

名前がわかりません。

癒されます♡

 

 

 

 

 

greening』展、終盤。

 

 

春を迎え、自然界の植物がどんどん芽吹いて青々とした時季になります。

今展のテーマは”緑”。

色の緑、植物の緑、息吹の緑、・・・、

溌剌とした春という季節を満喫する展覧会になればうれしいです。

 

 

東直人さんは、宮崎県生まれ、岐阜県恵那市在住。

奇を衒わない正統派で格調高い東さんの器、

また織部の何とも言えない緑が落ち着きと安心感を与えてくれます。

料理を映えさせる包容力と、飽きがこずまた使いたくなる魅力があります。

東さんの器が食卓にのぼると、ビシっと引き締まります。

レストランや割烹などでは、プロの料理が美しい器に盛りつけられていますが、

家庭料理でもひとつ器にこだわることで、食卓に華が加わり品格や美味しさが増し、

家族や招かれた人たちの幸せとなります。

今回、バリエーション豊かに勢ぞろいします。

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

 

佐藤千香子さんは、東京都生まれ、千葉県千葉市在住。

女子美術大学産業デザイン科卒業。

フィンランド、ブルガリア、キルギスなど北欧に暮らしながら染めと向き合う。

北欧ならではの自然、こと森における空気感は千香子さんの創作の源になっています。

木々の造形をモチーフとして型染めやスクリーンなどで染め上げ、

空気をはらんでフワっとしたストールを見にまとう。

千香子さんの作品を見ているだけでその情景が浮かんでくるようです。

今回、ストール、バッグ、クロスなどを展開いたします。

8日(土)、14日(金)、23日(日)、24日(月)に在廊予定です。

 

 

 

小高善和さんは、千葉県生まれ、千葉県白子町在住。

小高さんの企画はもう何度も展開していますが、

これほど買われた方から喜ばれている幸せな作家さんはいないなぁと実感します。

外反母趾などをはじめ、市販の靴が合わないという方がとても多いのに驚きます。

彼らのほとんどが靴にむりやり自分の足を合わせているわけですが、

それは仕方がないことだと違和感も覚えず合わない靴を履いていることが多い。

ところが、小高さんの作る靴から

「自分にピッタリの靴ができるんだ」「ピッタリの靴がこんなに心地よいものだ」という感動が芽生えます。

今回、既成のバブーシュ、外羽根靴は、豊富なサイズ・革をお選びいただけ、

サンプルデザインの中からサイズを合わせて作るセミオーダー靴、

木型を作ったフルオーダーの靴のご注文も承ります。

小高さんは、会期中全日在廊予定。

それぞれの方の足に寄り添い、的確なアドバイスや靴づくりのお手伝いをします。

ぜひ、お気に入りの一足を!

 

 

 

今日と明日は、佐藤千香子さんが在廊。

そして引き続き小高さんも連日在廊。

お二人にも会いにいらしてくださいね。

 

 

早くも明日が最終日です。

お見逃しはありませんか?

ぜひご高覧くださいませ〜!

 

 

 

来月の企画展のフライヤーがたった今届きました。

今日は営業と並行して発送作業をします。(汗)

 

 

 

 

 

気持ちの良いお天気、

楽しい日曜の午後をお過ごしくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:57 |

『greening』展 あと3日

 

こんにちは。

 

 

そう言えばここのところ、寒いという日がなくなりましたね。

春が来た!と思っているうちに、すぐそこに初夏が待っているようで恐ろしいです・・・。(汗)

 

 

リュウキュウオウバイがあちらこちらに咲いてきました。

 

 

 

 

greening』展、会期終盤です。

 

 

春を迎え、自然界の植物がどんどん芽吹いて青々とした時季になります。

今展のテーマは”緑”。

色の緑、植物の緑、息吹の緑、・・・、

溌剌とした春という季節を満喫する展覧会になればうれしいです。

 

 

東直人さんは、宮崎県生まれ、岐阜県恵那市在住。

奇を衒わない正統派で格調高い東さんの器、

また織部の何とも言えない緑が落ち着きと安心感を与えてくれます。

料理を映えさせる包容力と、飽きがこずまた使いたくなる魅力があります。

東さんの器が食卓にのぼると、ビシっと引き締まります。

レストランや割烹などでは、プロの料理が美しい器に盛りつけられていますが、

家庭料理でもひとつ器にこだわることで、食卓に華が加わり品格や美味しさが増し、

家族や招かれた人たちの幸せとなります。

今回、バリエーション豊かに勢ぞろいします。

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

 

佐藤千香子さんは、東京都生まれ、千葉県千葉市在住。

女子美術大学産業デザイン科卒業。

フィンランド、ブルガリア、キルギスなど北欧に暮らしながら染めと向き合う。

北欧ならではの自然、こと森における空気感は千香子さんの創作の源になっています。

木々の造形をモチーフとして型染めやスクリーンなどで染め上げ、

空気をはらんでフワっとしたストールを見にまとう。

千香子さんの作品を見ているだけでその情景が浮かんでくるようです。

今回、ストール、バッグ、クロスなどを展開いたします。

8日(土)、14日(金)、23日(日)、24日(月)に在廊予定です。

 

 

 

小高善和さんは、千葉県生まれ、千葉県白子町在住。

小高さんの企画はもう何度も展開していますが、

これほど買われた方から喜ばれている幸せな作家さんはいないなぁと実感します。

外反母趾などをはじめ、市販の靴が合わないという方がとても多いのに驚きます。

彼らのほとんどが靴にむりやり自分の足を合わせているわけですが、

それは仕方がないことだと違和感も覚えず合わない靴を履いていることが多い。

ところが、小高さんの作る靴から

「自分にピッタリの靴ができるんだ」「ピッタリの靴がこんなに心地よいものだ」という感動が芽生えます。

今回、既成のバブーシュ、外羽根靴は、豊富なサイズ・革をお選びいただけ、

サンプルデザインの中からサイズを合わせて作るセミオーダー靴、

木型を作ったフルオーダーの靴のご注文も承ります。

小高さんは、会期中全日在廊予定。

それぞれの方の足に寄り添い、的確なアドバイスや靴づくりのお手伝いをします。

ぜひ、お気に入りの一足を!

 

 

 

 

今会期も明後日が最終日。

残すところあと3日です。

どうぞ、お見逃しなく!

 

 

 

 

楽しい週末の午後をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:45 |

『greening』展 あと4日 & 本日『カラダで覚える英語の会』

 

こんにちは。

 

 

庭のクロバナロウバイの蕾がふくらんできました。

クールビューティなこの花、咲くのが楽しみです。

 

 

 

 

 

greening』展、今日から会期終盤スタートです。

 

 

春を迎え、自然界の植物がどんどん芽吹いて青々とした時季になります。

今展のテーマは”緑”。

色の緑、植物の緑、息吹の緑、・・・、

溌剌とした春という季節を満喫する展覧会になればうれしいです。

 

 

東直人さんは、宮崎県生まれ、岐阜県恵那市在住。

奇を衒わない正統派で格調高い東さんの器、

また織部の何とも言えない緑が落ち着きと安心感を与えてくれます。

料理を映えさせる包容力と、飽きがこずまた使いたくなる魅力があります。

東さんの器が食卓にのぼると、ビシっと引き締まります。

レストランや割烹などでは、プロの料理が美しい器に盛りつけられていますが、

家庭料理でもひとつ器にこだわることで、食卓に華が加わり品格や美味しさが増し、

家族や招かれた人たちの幸せとなります。

今回、バリエーション豊かに勢ぞろいします。

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

佐藤千香子さんは、東京都生まれ、千葉県千葉市在住。

女子美術大学産業デザイン科卒業。

フィンランド、ブルガリア、キルギスなど北欧に暮らしながら染めと向き合う。

北欧ならではの自然、こと森における空気感は千香子さんの創作の源になっています。

木々の造形をモチーフとして型染めやスクリーンなどで染め上げ、

空気をはらんでフワっとしたストールを見にまとう。

千香子さんの作品を見ているだけでその情景が浮かんでくるようです。

今回、ストール、バッグ、クロスなどを展開いたします。

8日(土)、14日(金)、23日(日)、24日(月)に在廊予定です。

 

 

小高善和さんは、千葉県生まれ、千葉県白子町在住。

小高さんの企画はもう何度も展開していますが、

これほど買われた方から喜ばれている幸せな作家さんはいないなぁと実感します。

外反母趾などをはじめ、市販の靴が合わないという方がとても多いのに驚きます。

彼らのほとんどが靴にむりやり自分の足を合わせているわけですが、

それは仕方がないことだと違和感も覚えず合わない靴を履いていることが多い。

ところが、小高さんの作る靴から

「自分にピッタリの靴ができるんだ」「ピッタリの靴がこんなに心地よいものだ」という感動が芽生えます。

今回、既成のバブーシュ、外羽根靴は、豊富なサイズ・革をお選びいただけ、

サンプルデザインの中からサイズを合わせて作るセミオーダー靴、

木型を作ったフルオーダーの靴のご注文も承ります。

小高さんは、会期中全日在廊予定。

それぞれの方の足に寄り添い、的確なアドバイスや靴づくりのお手伝いをします。

ぜひ、お気に入りの一足を!

 

 

今会期も残すところあと4日です。

お見逃しなく!

 

 

 

 

 

今日は月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』。

 

前半のクラスに参加しました。

和気あいあいの雰囲気の中、楽しいレッスンがあっという間に終わってしまいました。

知らなかったネイティブスピーカーが使う便利なフレーズを毎回学びます。

 

 

参加者のEさんからいただいたスリランカ旅行のお土産のお茶をみんなでいただきました。

 

 

来月の英語の会は、5月13日(月)です。

ご興味のある方はぜひご参加くださいね!

 

 

 

 

カフェでは美味しいケーキやコーヒーをお出ししています。

のんびりお茶を楽しみにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 11:54 |

女子会@”今ぜき”さん

 

 

こんばんは。

 

 

今日は気温20℃足らず。

とても爽やかな一日でした。

 

 

シロヤマブキが満開。

大好きな花です。

 

 

 

夕方から女子会に行きました。

八街の”今ぜき”さん。

 

1週間前なら満開の枝垂桜が見られたでしょう。

 

 

まだ少し花が残っていました。

 

まずは寄付きで桜茶をいただきながら待つ。

 

 

しつらいは、

インド更紗 オウム花唐草文様裂

 

ルソン魚籠 稚児百合

 

 

和室に移動し食事。

大多喜産の筍の上根が出尽くし本根となり、

地の木の芽が芽吹く季節の筍料理と

リクエストのすき焼き。

 

『先付』

花見団子(さるえび、すみいか、いしもち・ヨモギ)

このわた茶碗蒸し

ぜんまい木の芽和え

たたきわらび

ふき含め煮

 

『椀』

ほうぼううしお

 

『つくり』

ほうぼう薄造り

〆あじ

平貝

 

『煮物』

しらす筍つくし玉〆

 

『おしのぎ』

豚筍木の芽腸詰

 

『すき焼き』

黒毛和牛

7部位(クラシタ、リブロース、ザブトン、ミスジ、ヒウチ、シンシン、イチボ)

 

今関さんが鉄鍋で焼いてくれます。

関西風に、一枚ずつ粗糖と醤油で。

 

 

『酢の物』

若布木の芽酢

花山椒甘酢(写真なし)

 

手打ちうどん

すき焼きの〆

 

『甘味』

苺豆乳プリン

 

桜黒豆葛茶巾

 

 

は〜、美味しかった〜♪

食べた食べた・・・。(満腹)

 

和ろうそくの灯の下、夜桜を愛でる。

 

 

 

 

 

 

さ、明日から営業再開です。

greening』展、会期終盤です。

ぜひご高覧くださいませ。

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

| 展覧会 | 23:31 |

”Madame Noe”レッスン & 『メットガラ』

 

こんばんは。

 

 

今日は風が強かったですね。

気温も例年に比べて高かったですが、夕方から涼しくなりました。

 

 

満開のヤマブキの黄色が鮮やかです。

気が付いたら庭のあちらこちらに咲いていました。

 

 

 

 

今日は月イチレッスン”Madame Noe”さんに行ってきました。

いつものことながら、Noeさんこと井上葉子さんの軽快で楽しいデモ。

最近では、味見前にポーズをとってくださるようになりました。(笑)

 

 

 

 

 

 

今日も美味しかった〜♪

 

『ミモザ』

 

『ホタテとフルーツのタルタル 桜』

 

『特製ニンジンのポタージュ』

 

『赤と緑のサラダ キャラメリゼしたナッツ添え』

 

『オッソブーコのピエモンテ風、サフランのリゾット添え』

 

『ホワイトチョコレートのタルト』

 

 

 

 

レッスンには一番遅くに行き、一番早くに帰る。(汗)

車に乗り込み大急ぎで千葉劇場へ。

 

メットガラ

NYのメトロポリタン美術館で毎年行われるファッションの一大イベント。

ファッション(=アート)×美術品のインスタレーション。

企画段階から当日までのハラハラする日々のドキュメンタリー。

主催のアナ・ウィンターと、MET美術館服飾部門のキュレーターのアンドリュー・ボルトン、

ジャンポール・ゴルチェ、ジョン・ガリアーノ、カール・ラガーフェルドなどの錚々たるデザイナー、

企画にかかわるいろんなジャンルのスタッフたちの妥協なき議論と実現へのハードな過程。

瞬きをするのがもったいないほど、ワクワクドキドキしながら見守りました。

イベント当日のできあがった展覧会の世界とハリウッド俳優をはじめとするセレブリティが纏う美しいドレスに魅了されました。

なんと今年のメットガラは、日本が誇るコム・デ・ギャルソンの川久保玲さんの展覧会だそう。

み、見てみたい・・・♡

は〜、よい刺激を受けました。

できればもう一度観たいところだ。

 

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 23:56 |

須藤泰孝さんと打ち合わせ

 

こんばんは。

 

 

異常気象です。

豪雨の後、グングン気温が上がりました。

今日もバカほど暑かったです。(汗)

4月でコレなら夏がどんなことになるのか、今から憂鬱です・・・。

 

 

ヒトリシズカが咲きました♪

 

 

 

 

午前中、須藤泰孝さんのアトリエに行ってきました。

6月の企画展でお世話になる予定です。

 

5年前の企画展では須藤さんの奥さん・谷川亜希さんにお世話になり、

こちらのアトリエは3度めの訪問です。

 

1000℃以上で焚き続けられているガラス溶解炉や窯があり、

一歩入るとモワーっと熱気がくる。

離れていても暑いのに、ガラス作家さんは炉の真ん前に立ち作業をするのです。

 

ひとしきり作業を見せてもらい、

外の涼しいデッキで、須藤さんと亜希さんといろいろ話をしました。

 

須藤さんの美しいガラス作品、6月にはたくさん展開予定。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

その近所でおすすめのランチのお店でお蕎麦屋さんを教えてもらったので、

そこに行くが、定休日でした。(汗)

 

もう蕎麦の口になってしまったので、

限定20食の”かなうち”さんにダメ元で電話してみたところ、OKが出たので向かう。

たぶん2年以上ぶり。

 

いきなり叶内さんに「あら、ふくよかになった〜ねゃぁ。」と山形弁で言われる。(汗)

 

公私ともにお世話になっている椎名啓二さんの息子さんと偶然同席する。

他のお客さんが帰られた後、叶内さんと息子さんと話し込む。

久しぶりに美味しい蕎麦と山形の山菜や漬物やてんぷらを食べました。

 

 

 

帰りに通り道の”アンデルセン”さんに寄り、

ベーコンやソーセージを買う。

こちらも久しぶりだ。

 

 

 

 

 

まっすぐ帰宅し、テレビを少し見て、

3時間ほど昼寝をした。

晩ごはんを食べた後も30分ほど寝る。

そして今も眠い・・・。

 

 

 

おやすみなさい。

| 展覧会 | 23:41 |

『ダイナミックプレゼンテーションスキル ワークショップ』 vol.2 のご案内

 

 

こんにちは。

 

おしらせです!

 

 

 

 

『ダイナミックプレゼンテーションスキル』

 

来月中旬、カナダからCecillia Yeung(シシリア ヤング)さんをお招きして、

彼女独自のスタイルのプレゼンテーション(スピーチ)のワークショップを行います。

 

シシリアさんは、主にアジア諸国で、数多くの専門職、経営者、会社員、講師や学生、アーティスト、

人前で話す話し手としての技術を段階的・効果的な方法でトレーニングしています。

とてもユニークかつ独創的なメソッドで、不安や恐れを克服し、確固たる自信を持ち、

聴衆を魅了しインスパイアする話し方を学ぶものです。

 

 

私が公私ともにお世話になっている友人・小川洋子さんとシシリアさんが親友で、

そのご縁から2月末にワークショップをする運びとなり、

参加者のみなさんとともに感動と歓喜の中、濃密な2日間を体験しました。

 

日本初のシシリアさんのWSでした。

そして、来月、第二弾を開催することになりましたので、そのお知らせをいたします。

 

 

 

 

 

<ワークショップの概要>

 

日時:5月17日(水) 9:00〜18:30

   5月18日(木) 9:00〜18:30

 

場所:gallery ten

    千葉県大網白里市駒込752−203

   tel:0475-78-3068

 

定員:各日8名

  ※うち2人はリピーター枠

  ※初参加の方が4名未満の場合は開講なし

 

会費:33000yen  

   お二人以上でご参加の場合は@29000yen

   リピーターは無料

 

応募方法:メールにてお申込みください。

   初参加の方→先着順、リピーターの方→抽選

 

WSの一日の流れ

 ◎午前中(9:00〜13:00)

  ・自己紹介

  ・プレゼンテーション(スピーチ)の準備

  ・プレゼンテーションの目的・目標を明確にする

  ・緊張の原因を知り、恐れと不安を克服する段階を理解する

  ・ボディランゲージについて

  ・一回目のプレゼンテーション(自己紹介)

  ・一人一人へのコーチングと感想

 ◎ランチ(13:00〜14:00)

 ◎午後(14:00〜18:30)

  ・テクニックと技法を伸ばす

  ・スピーチの構造

  ・記憶に残るスピーチを準備する

  ・聴衆に影響を与える

  ・プレゼンテーションの5つのゴールデンルール

  ・話し手を紹介する

  ・デザインと準備

  ・最後のプレゼンテーション

  ・感想と最終レッスン

度々コーヒーブレイクを入れながらの長時間にわたるワークショップですが、

リズミカルにトントンと流れる内容であっという間に時間が経ってしまいます。

 

今回もシシリアさんと阿吽の呼吸の洋子さんが通訳してくれます。

 

 

また、20日(土)か21日(日)(未定)に、

都内でもシシリアさんのワークショップを予定しています。

こちらはレクチャーも参加者も通訳なしの英語で行われます。

リピーターで希望者は、そちらのワークショップにも無料で参加できます。

 

 

 

私自身も前回参加してみて、

意識の持ち方や段取りのトレーニングによって

いかようにも変わるものだと実感しました。

 

このワークショップは、
ビジネスマンやアーティストだけではなく、

これから就職活動する方、

何かを始めようとしている方、

今、なんとなく過ごしていてコレという確信がほしい方、

・・・

いろんな方がビビっと刺激を受けられるよい機会だと思います。

 

よし、やってみよう!と思われた方、

ぜひご参加くださいね。

 

 

 

 

 

ご参考まで・・・。

もっと詳しくお知りになりたい方は、

前回行ったワークショップの際のご案内とご報告のブログをご覧ください。

 

 

WSの案内→ ☆☆☆

 

 

 

 

WSの報告→ ☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日より受付を開始いたします。

メールにてお申込みくださいね。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 16:50 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 芝原人形のお雛さま & 近田美穂さんの生ケーキ & 姫路“インデアン”の『ビーフカレー』
    Rika Udagawa (11/20)
  • 明後日『薬膳料理教室の会』
    阿部絵理子 (09/14)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    ten (08/28)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    川部重臣 (08/24)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    ten (06/17)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    阿部絵理子 (06/17)
  • 明日、新企画『カップ大集合』展 スタート! & ワイン会@はなう
    ten (05/02)
  • 明日、新企画『カップ大集合』展 スタート! & ワイン会@はなう
    森川雅子 (05/01)
  • ダラダラした・・・
    川部重臣 (02/24)
  • 関昌生(ワイヤー)・落合芝地(漆)・富田惠子(版画)3人展 本日最終日! 
    ten (02/22)
モバイル
qrcode